2019年12月13日

折れ線グラフのマーカーの種類の変更【2】



折れ線グラフのマーカーの種類の変更【1】から続きです。

「組み込み」にある「種類」が選択できるようになりました。
「種類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191204163750308.jpg

「種類」を選択します。
ここでは「●」をクリックします。
20191204163806427.jpg

「種類」を「●」にできました。
20191204163839820.jpg

閉じるボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191204163853224.jpg

折れ線グラフの「A」のマーカーの種類が変更されました。
20191204163931516.jpg

折れ線グラフの「A」のマーカーの種類が変更できたので、グラフ以外の場所をクリックしてグラフを確認してみます。
20191204163943702.jpg
折れ線グラフの「A」のマーカーの種類が変更されました。


折れ線グラフのマーカーの種類の変更【3】に続きます。


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | グラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

折れ線グラフのマーカーの種類の変更【1】



《折れ線グラフのマーカーの種類の変更①》
折れ線グラフの「A」のマーカーの種類を変更してみます。
20191203150030941.jpg

折れ線グラフの「A」をクリックしてください。
折れ線グラフの「A」が選択されている状態になります。
20191203150049422.jpg

グラフツールが表示されます。
20191203150108510.jpg

グラフツールのレイアウトタブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191203150118790.jpg

グラフツールのレイアウトタブの「現在の選択範囲」は「系列”A”」と表示されています。
(折れ線グラフの「A」が選択されているので「系列”A”」と表示されています。)
20191203150132706.jpg

グラフツールのレイアウトタブの「現在の選択範囲」の「選択対象の書式設定」をクリックします。
赤い四角で囲んだ所です。
20191203150145912.jpg

データ系列の書式設定ダイアログボックスが開きました。
(右クリックメニューからデータ系列の書式設定ダイアログボックスを開いても大丈夫です。)
20191203150200371.jpg

「マーカーのオプション」をクリックします。
赤い四角で囲んだ所です。
20191203150252766.jpg

「マーカーのオプション」の「マーカーの種類」は「自動」になっています。
20191203150356179.jpg

「組み込み」をクリックします。
赤い四角で囲んだ所です。
20191203150418430.jpg


折れ線グラフのマーカーの種類の変更【2】に続きます。


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | グラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

グラフのデータの範囲の変更【2】



グラフのデータの範囲の変更【1】からの続きです。

《グラフのデータの範囲の変更②》
グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」から、グラフのデータの範囲を変更してみます。
グラフのデータの範囲を、4月~6月から4月~5月に変更してみます。
20191113020632486.jpg

データの範囲を変更したいグラフのグラフエリアをクリックしてください。
20191113020645040.jpg

グラフツールが表示されます。
20191113020656376.jpg

グラフツールのデザインタブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020708326.jpg

グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020719861.jpg

データソースの選択ダイアログボックスが開きました。
「グラフデータの範囲」が黒く反転して選択されています。
20191113020742685.jpg

変更したいグラフのデータ範囲を選択し直します。
B2~D5のセルを範囲指定します。
20191113020756235.jpg

B2~D5のセルを範囲指定できました。
OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020806149.jpg

グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」から、グラフのデータの範囲が変更されました。
20191113145008222.jpg

グラフのデータの範囲が変更されたので、グラフ以外の場所をクリックしてグラフを確認してみます。
20191113145017087.jpg
グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」から、グラフのデータの範囲が変更されました。


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | グラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

グラフのデータの範囲の変更【1】



《グラフのデータの範囲の変更①》
グラフのデータの範囲を変更してみます。
グラフのデータの範囲を、4月~6月から4月~5月に変更してみます。
20191113020341702.jpg

データの範囲を変更したいグラフのグラフエリアをクリックしてください。
20191113020450924.jpg

表を見ると、グラフにされている範囲が色分けされて範囲指定されています。
データの範囲の■の箇所のどれかにマウスポインタを合わせます。
データの範囲の変更をしたい範囲によって合わせる箇所を選んでください。
20191113020521309.jpg

両端が矢印の形のマウスポインタに変わります。
ここではデータの範囲の右下にマウスポインタを合わせています。
20191113020539165.jpg

マウスポインタの形が変わったら、変更したいグラフのデータ範囲までドラッグします。
20191113020548063.jpg

グラフのデータの範囲が変更されました。
20191113020606398.jpg

グラフのデータの範囲が変更されたので、グラフ以外の場所をクリックしてグラフを確認してみます。
20191113020617036.jpg
グラフのデータの範囲が変更されました。


グラフのデータの範囲の変更【2】に続きます。

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | グラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

グラフの行と列の切り替え【2】



グラフの行と列の切り替え【1】からの続きです。

グラフツールのデザインタブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020147459.jpg

グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020201939.jpg

データソースの選択ダイアログボックスが開きました。
20191113020212666.jpg

「行/列の切り替え」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020231225.jpg

「凡例項目」と「横(項目)軸ラベル」の中身が入れ替わりました。
20191113020246927.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20191113020258793.jpg

グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」から、行と列が切り替えられました。
20191113020312677.jpg

グラフの行と列が切り替えられたので、グラフ以外の場所をクリックしてグラフを確認してみます。
20191113020324612.jpg
グラフツールのデザインタブの「データ」の「データの選択」から、行と列が切り替えられました。


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | グラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気ブログランキング