2018年04月03日

ドラッグ&ドロップ機能【1】(移動・コピー)



マウスを使ってのドラッグ&ドロップという機能で移動やコピーをすることができます。


《ドラッグ&ドロップ機能》
マウスの左ボタンを押したままマウスを移動させる⇒ドラッグ
移動先で左ボタンを離す⇒ドロップ

※説明では「ドラッグします。」と書いています。


●マウスのドラッグ&ドロップ機能を使って移動

マウスのドラッグ&ドロップ機能を使って移動をしてみます。

B2~B3のセルをC2~C3に移動してみます。
20180328233137972.jpg

移動したいセルを範囲指定します。
B2~B3のセルを移動したいので、B2~B3のセルを範囲指定します。
20180328233153518.jpg

範囲指定したB2~B3のセルの端にマウスポインタをあわせます。
マウスポインタの形が十字の矢印と矢印のマウスポインタが重なったものに変わります。
20180328233212556.jpg

移動先のC2~C3へドラッグします。
ドラッグを始めるとマウスポインタの形が矢印のみのマウスポインタに変わります。
20180328233232519.jpg

B2~B3のセルがC2~C3に移動されました。
20180328233248679.jpg

(C2~C3にデータが入力されている場合、「コピーまたは移動先のセル内容を置き換えますか?」と表示されます。置き換えて大丈夫な場合は「OK」を、置き換えない場合は「キャンセル」をクリックしてください。)



●ctrlキーとマウスのドラッグ&ドロップ機能を使ってコピー

ctrlキーとマウスのドラッグ&ドロップ機能を使ってコピーをします。

B2~B3のセルをC2~C3にコピーしてみます。
20180329124823106.jpg

コピーしたいセルを範囲指定します。
B2~B3のセルをコピーしたいので、B2~B3のセルを範囲指定します。
20180329124841978.jpg

範囲指定したB2~B3のセルの端にマウスポインタをあわせます。
マウスポインタの形が十字の矢印と矢印のマウスポインタが重なったものに変わります。
20180329124900248.jpg

コピーをしたいので、ctrlキーを押しながらC2~C3へドラッグします。
ctrlキーを押すと、マウスポインタの形が+と矢印のマウスポインタが重なったものに変わります。
20180329124917348.jpg
※コピーをする時のドラッグは左クリックを離した後にctrlキーを離すようにしてください。

B2~B3のセルがC2~C3にコピーされました。
20180329124932496.jpg

(C2~C3にデータが入力されている場合、「コピーまたは移動先のセル内容を置き換えますか?」と表示されます。置き換えて大丈夫な場合は「OK」を、置き換えない場合は「キャンセル」をクリックしてください。)


ドラッグ&ドロップ機能【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

人気ブログランキングへ

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする