2018年05月24日

セルの書式設定(配置タブ)【4】(横位置)



セルの書式設定(配置タブ)【3】からの続きです。

「左詰め(インデント)」・「右詰め(インデント)」・「均等割り付け(インデント)」

「左詰め(インデント)」・「右詰め(インデント)」・「均等割り付け(インデント)」はインデントの設定が出来ます。

「左詰め(インデント)」でインデントを「1」に設定してみます。

セルの書式設定ダイアログボックスの文字の配置の横位置の右横の▼をクリックして横位置の種類が表示された所からやってみます。
設定したい文字の配置「左詰め(インデント)」をクリックして選択します。
20180517152605558.jpg

インデントを設定するには赤い点線で囲んでいる所から選びます。
赤い点線で囲んでいる所の右側にある▼や▲で設定したいインデント数を選びます。
「0」と表示されている所に直接にインデント数を入力しても設定できます。
20180517152632806.jpg

今回はインデントを「1」にします。

インデント数「1」にできたらOKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180517152703878.jpg

これで文字列が「左詰め(インデント)」でインデントが「1」に設定されます。


「右詰め(インデント)」・「均等割り付け(インデント)」の設定の手順は「左詰め(インデント)」と同様に、セルの書式設定ダイアログボックスの文字の配置の横位置の右横の▼をクリックして、横位置の種類が表示された中から「右詰め(インデント)」もしくは「均等割り付け(インデント)」を選択し、インデント数を指定して、OKボタンをクリックすれば設定されます。

「左詰め(インデント)」・「右詰め(インデント)」・「均等割り付け(インデント)」でそれぞれインデントの設定をすればこのようになります。
20180517152831116.jpg


「均等割り付け(インデント)」で「前後にスペースを入れる」

「均等割り付け(インデント)」を選択したときのみ「前後にスペースを入れる」は使えます。
「均等割り付け(インデント)」を選択すると「前後にスペースを入れる」のチェックボックスにレ点を入れられるようになります。

セルの書式設定ダイアログボックスの文字の配置の横位置の右横の▼をクリックして横位置の種類が表示された所からやってみます。
「均等割り付け(インデント)」をクリックして選択します。
20180517152948462.jpg
これで「前後にスペースを入れる」のチェックボックスにレ点を入れられるようになりました。

「前後にスペースを入れる」のチェックボックスにレ点を入れます。
赤い丸で囲んだ所です。
(「前後にスペースを入れる」のチェックボックスにレ点を入れるときは、インデントとの同時設定はできないのでインデントが「0」のままでレ点を入れてください。)
20180517153201399.jpg

「前後にスペースを入れる」のチェックボックスにレ点を入れると、「均等割り付け(インデント)」が「均等割り付け」に変わりました。
20180517153118867.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180517153300246.jpg

これで文字列が「均等割り付け」の「前後にスペースを入れる」に設定されます。

「均等割り付け(インデント)」でインデントを設定した場合、「均等割り付け」で「前後にスペースを入れる」のチェックボックスにレ点を入れた場合、それぞれの設定をすればこのようになります。
20180517153323308.jpg


セルの書式設定(配置タブ)【5】に続きます。



応援クリックお願いします♪


人気ブログランキングへ


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする