2018年06月22日

ショートカットキー(一括変換)【2】全角アルファベット


ショートカットキー(一括変換)【1】からの続きです。

《全角アルファベットに一括変換》

●全角アルファベットで全て小文字に一括変換

全角アルファベットで、全て小文字の「grape」に一括変換してみます。
入力はひらがなのままで大丈夫です。
そのまま「g」「r」「a」「p」「e」と入力します。
(画像はわかりやすいように拡大しています。)
20180605215346875.jpg
「g」「r」「a」「p」「e」と入力してすぐの状態です。変換も確定もしていません。
ひらがなで入力しているため「gらぺ」と表示されています。
まだ「gらぺ」の文字には入力中の下線が付いて文字の後ろにカーソルが点滅しています。

F9キーを押します。

全角アルファベットで、全て小文字の「grape」に一括変換されました。
20180605215410552.jpg
これで良ければEnterキーを押して確定します。


●全角アルファベットで全て大文字に一括変換

全角アルファベットで、全て大文字の「GRAPE」に一括変換してみます。
入力はひらがなのままで大丈夫です。
そのまま「g」「r」「a」「p」「e」と入力します。
(画像はわかりやすいように拡大しています。)
20180605215430952.jpg
「g」「r」「a」「p」「e」と入力してすぐの状態です。変換も確定もしていません。
ひらがなで入力しているため「gらぺ」と表示されています。
まだ「gらぺ」の文字には入力中の下線が付いて文字の後ろにカーソルが点滅しています。

F9キーを2回押します。

全角アルファベットで、全て大文字の「GRAPE」に一括変換されました。
20180605215446414.jpg
これで良ければEnterキーを押して確定します。


●全角アルファベットで最初の一文字は大文字に二文字目以降は小文字に一括変換

全角アルファベットで、最初の一文字は大文字に二文字目以降は小文字に一括変換してみます。
入力はひらがなのままで大丈夫です。
そのまま「g」「r」「a」「p」「e」と入力します。
(画像はわかりやすいように拡大しています。)
20180605215458596.jpg
「g」「r」「a」「p」「e」と入力してすぐの状態です。変換も確定もしていません。
ひらがなで入力しているため「gらぺ」と表示されています。
まだ「gらぺ」の文字には入力中の下線が付いて文字の後ろにカーソルが点滅しています。

F9キーを3回押します。

全角アルファベットで、最初の一文字は大文字に二文字目以降は小文字に一括変換されました。
20180605215514501.jpg
これで良ければEnterキーを押して確定します。


全角アルファベットに一括変換では、F9キーを押すたびに、「全て小文字」→「全て大文字」→「最初の一文字は大文字に二文字目以降は小文字」と変わっていきます。


ショートカットキー
F9⇒全角アルファベットに一括変換


ショートカットキー(一括変換)【3】に続きます。



応援クリックお願いします♪


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | ショートカットキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

ショートカットキー(一括変換)【1】ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ


ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ・全角アルファベット・半角アルファベットに一括変換できるショートカットキーがあります。
入力をしてすぐの状態、まだ変換も確定もしていないときに使います。
(変換をしてもEnterキーは一度も押していない確定する前の状態であれば使えます。変換箇所が思ったとおりになっていなければEscキーやSiftキー+矢印キー調整してください。)


《ひらがなに一括変換》

ひらがなに一括変換するため、漢字に変換してからやってみます。
漢字で「葡萄」と変換してEnterキーは一度も押していません。
変換を確定していない状態です。
まだ「葡萄」の文字には変換中の下線が付いて文字の後ろにカーソルが点滅しています。
ひらがなの「ぶどう」に一括変換してみます。
(画像はわかりやすいように拡大しています。)
20180605214132615.jpg

F6キーを押します。

ひらがなの「ぶどう」に一括変換されました。
20180605214141864.jpg
これで良ければEnterキーを押して確定します。

ショートカットキー
F6⇒ひらがなに一括変換


《全角カタカナに一括変換》

ひらがなで「ぶどう」と入力してすぐの状態です。変換も確定もしていません。
まだ「ぶどう」の文字には入力中の下線が付いて文字の後ろにカーソルが点滅しています。
全角カタカナの「ブドウ」に一括変換してみます。
(画像はわかりやすいように拡大しています。)
20180605214232737.jpg

F7キーを押します。

全角カタカナの「ブドウ」に一括変換されました。
20180605214243693.jpg
これで良ければEnterキーを押して確定します。

ショートカットキー
F7⇒全角カタカナに一括変換


《半角カタカナに一括変換》

ひらがなで「ぶどう」と入力してすぐの状態です。変換も確定もしていません。
まだ「ぶどう」の文字には入力中の下線が付いて文字の後ろにカーソルが点滅しています。
半角カタカナの「ブドウ」に一括変換してみます。
(画像はわかりやすいように拡大しています。)
20180605214311357.jpg

F8キーを押します。

半角カタカナの「ブドウ」に一括変換されました。
20180605215039252.jpg
これで良ければEnterキーを押して確定します。

ショートカットキー
F8⇒半角カタカナに一括変換


ショートカットキー(一括変換)【2】に続きます。




応援クリックお願いします♪


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | ショートカットキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

セルの書式設定(罫線タブ)【7】(罫線の削除)



セルの書式設定(罫線タブ)【6】からの続きです。

●罫線を全て削除する

表の全ての罫線を削除してみます。
20180602184356156.jpg

表の全ての罫線を削除したいので、表全体B3~E6を範囲指定します。
20180602184409257.jpg

セルの書式設定ダイアログボックスの罫線タブを開きます。
(ショートカットキーで開く場合は、ctrlキーを押しながら「1」を押して、罫線タブをクリックします。)
20180602184426460.jpg

「プリセット」の「なし」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180602184437676.jpg

プレビュー枠をみると全ての罫線が削除されています。
20180602184445023.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180602184456559.jpg


範囲指定したB3~E6のセルの全ての罫線が削除されました。
(罫線が削除されているのを確認できるように範囲指定を外しています。)
20180602184507923.jpg


※セルの書式設定ダイアログボックスの中の罫線タブのみの書式設定を書きましたが、罫線タブ以外の書式設定も、設定したいタブに移動して全ての書式を設定した後にOKボタンを押せば同時に設定することができます。



応援クリックお願いします♪

人気ブログランキングへ



posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

セルの書式設定(罫線タブ)【6】(罫線の削除)



セルの書式設定(罫線タブ)【5】からの続きです。

《セルの書式設定から罫線を削除する》
セルの書式設定ダイアログボックスから罫線を削除してみます。

●罫線を一部分削除する

表の内側の縦の罫線だけを削除してみます。
20180602184527121.jpg

表の内側の縦の罫線を削除したいので、表全体B3~E6を範囲指定します。
20180602184534566.jpg

セルの書式設定ダイアログボックスの罫線タブを開きます。
(ショートカットキーで開く場合は、ctrlキーを押しながら「1」を押して、罫線タブをクリックします。)
20180602184544000.jpg

「線のスタイル」の「なし」をクリックします。
赤い点線で囲んだ所です。
20180602184552230.jpg

範囲指定したB3~E6のセルの内側の縦の罫線を削除したいので、内側の縦の罫線のボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180604234734305.jpg

もしくは、プレビュー枠内で内側の縦の罫線をクリックしても同じです。
赤い点線で囲んだ所、内側の縦の罫線をクリックしてください。
20180604234753069.jpg


プレビュー枠をみると内側の縦の罫線が削除されています。
20180602184621829.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180604235523051.jpg

範囲指定したB3~E6のセルの内側の縦の罫線が削除されました。
(罫線が削除されているのを確認できるように範囲指定を外しています。)
20180604235534660.jpg


セルの書式設定(罫線タブ)【7】に続きます。



応援クリックお願いします♪



人気ブログランキングへ



posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

セルの書式設定(罫線タブ)【5】(設定する)



セルの書式設定(罫線タブ)【4】からの続きです。

次に、表のB3~E3のセルの下に「二重罫線」を「線の色」を「青」にして引いてみます。
B3~E3を範囲指定します。
20180601171711719.jpg

セルの書式設定ダイアログボックスの罫線タブを開きます。
(ショートカットキーで開く場合は、ctrlキーを押しながら「1」を押して、罫線タブをクリックします。)
20180601171741655.jpg

「二重罫線」を引きたいので「スタイル」から「二重罫線」をクリックします。
赤い点線で囲んだ所です。
20180601171802733.jpg

「線の色」を「青」にしたいので「色」の赤い丸で囲んでいる▼をクリックします。
20180602123939630.jpg

表示された中から「青」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180602123929041.jpg

範囲指定したB3~E3のセルの下に「青」の「二重罫線」を引きたいので「下罫線」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180601171935160.jpg

「下罫線」ボタンのかわりに、プレビュー枠内の「下罫線」をクリックしても同じです。
赤い点線で囲んだ所、プレビュー枠内の「下罫線」をクリックしてください。
20180602124100410.jpg

プレビュー枠をみると「青」の「二重罫線」で「下罫線」が引かれています。
20180602124113148.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180602124136927.jpg

範囲指定したB3~E3のセルの下に、セルの書式設定で設定した「青」の「二重罫線」が引かれました。
(罫線が引けているのを確認できるように範囲指定を外しています。)
20180602124158621.jpg


セルの書式設定ダイアログボックスの中の罫線タブは、一度に「線のスタイル」・「線の色」の設定をして罫線が引くことができます。
同じ範囲指定内であれば、「外枠」・「内側」など引きたい箇所でそれぞれ「線のスタイル」・「線の色」を指定して罫線を設定していけば一度に違う罫線を引くこともできます。


セルの書式設定(罫線タブ)【6】に続きます。



応援クリックお願いします♪



人気ブログランキングへ



posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする