2018年06月29日

SUM関数【1】


SUM関数は合計を求める関数です。

SUM関数
=SUM(数値1,数値2,・・・)

関数も「=」から始まります。
関数名が「SUM」で「(数値1,数値2,・・・)」の値が合計されます。


《「オートSUM」ボタンで合計を求める》

SUM関数はよく使う関数なのでボタンがあります。
「Σ」のボタンです。「オートSUM」ボタンといいます。

「オートSUM」ボタンは、ホームタブの編集の中にあります。
赤い丸で囲んだ所です。
20180620211309462.jpg

数式タブの関数ライブラリの中にもあります。
赤い丸で囲んだ所です。
20180620211326898.jpg


●「オートSUM」ボタン①

「オートSUM」ボタンを使ってセルC6に4月の「A」「B」「C」の合計を出してみます。
20180620211414725.jpg

セルC6に4月の「A」「B」「C」の合計を出したいのでC3~C6を範囲指定します。
20180620211433421.jpg

「オートSUM」ボタンをクリックします。
ホームタブの編集の中にあります。
赤い丸で囲んだ所です。
20180620211453369.jpg

「オートSUM」ボタンを使ってセルC6に4月の「A」「B」「C」の合計が求められました。
20180620211505381.jpg

セルC6をアクティブセルにして確認してみます。
20180620211517754.jpg
セルC6には合計の「3,450」が表示されていますが、入力されている内容は数式バーの「=SUM(C3:C5)」であることがわかります。
「オートSUM」ボタンでSUM関数が入力されました。
「C3:C5」は、C3~C6という意味です。


SUM関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪



posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする