2018年09月27日

SMALL関数【2】


SMALL関数【1】からの続きです。

セルC3に、表の「数値」であるA2~A8のそれぞれのセルの数値の中で、小さい順3位の数値をSMALL関数で出したいので、「配列」の欄にはA2~A8のセルを範囲指定します。
20180921171207545.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「配列」の欄に「A2:A8」と入力されました。

※今回は確実に関数をコピーしないことがわかっているので絶対参照にしていません。関数をコピーして貼り付けする場合は、ここで参照先から変わらないように絶対参照にします。絶対参照にする方法は《SMALL関数②》でやります。

「順位」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20180921171231066.jpg

セルC3に、表の「数値」であるA2~A8のそれぞれのセルの数値の中で、小さい順3位の数値をSMALL関数で出したいので、「順位」の欄に「3」を入力します。
20180921171252991.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「順位」の欄に「3」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180921171309066.jpg

セルC3に、表の「数値」であるA2~A8のそれぞれのセルの数値の中で、小さい順3位の数値がSMALL関数で出されました。
20180921171335413.jpg
セルC3に入力されている内容は数式バーの「=SMALL(A2:A8,3)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=SMALL(A2:A8,3)」と入力します。


SMALL関数【3】に続きます。



応援クリックお願いします♪

 
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする