2018年10月17日

VLOOKUP関数【1】


VLOOKUP関数は、別の場所にあるデータを探してきてくれる関数です。
検索するデータと検索先のデータの一列目のデータを基準にしてデータを探してくれます。
検索先の何列目のデータを持ってくるかを指定します。

VLOOKUP関数
=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)

関数名
「VLOOKUP」です。

「検索値」
検索の基準にしたいデータを指定します。

「範囲」
検索先を指定します。「範囲」に指定した検索先のデータの1列目のデータの中で「検索値」に指定したデータと同じデータを検索して、検索されたデータの2列目以降の指定した列のデータを持ってきてくれます。
検索の基準になる列が1列目になるようにします。
1列目が昇順に並ぶように並べ替えをしておきます。

「列番号」
「範囲」で指定したデータの何列目のデータを持ってくるかを指定します。

「検索方法」
完全に一致するデータを検索するのか、近似値を含めてデータを検索するのかを指定します。完全に一致するデータを検索する場合は「FALSE」、近似値を含めてデータを検索する場合は「TRUE」を指定します。

《VLOOKUP関数》
=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)

●Sheet1
20181011223036861.jpg
Sheet1に「担当者データ」、「商品データ」を入力しています。
「担当者データ」には「担当者コード」と「担当者名」を入力しています。
「商品データ」には「商品コード」と「商品名」と「単価」を入力しています。

●Sheet2
20181011223101912.jpg
Sheet2に「担当者コード」、「担当者名」、「商品コード」、「商品名」、「単価」、「個数」の表があります。
「担当者コード」、「商品コード」、「個数」はデータを入力してありますが、「担当者名」、「商品名」、「単価」のデータは入力されていません。

Sheet2の「担当者名」の欄をVLOOKUP関数で出してみます。
「担当者コード」を基準にして、Sheet1の「担当者データ」から、Sheet2のセルB2の「担当者名」をVLOOKUP関数で出してみます。
20181011223207335.jpg
「検索値」…Sheet2の「担当者コード」のセルA2
「範囲」…Sheet1の「担当者データ」のA3~B7のセル
「列番号」…Sheet1の「担当者データ」の「担当者名」である2列目
「検索方法」…完全に一致するデータ「FALSE」

「関数の挿入」ボタンからVLOOKUP関数を入力してみます。
VLOOKUP関数を入力したいSheet2のセルB2をクリックします。
20181011223308842.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181011223321947.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181011223346241.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181011223418435.jpg

VLOOKUP関数は「検索/行列」の中にあるので、「検索/行列」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181011223432712.jpg

「関数の分類」を「検索/行列」に選択しました。
20181011223448257.jpg


VLOOKUP関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

 
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

PROPER関数【2】


PROPER関数【1】からの続きです。

セルA2の英字の小文字を、セルB2にPROPER関数で英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にして出したいので、「文字列」の欄には「A2」を入力します。
20181005234835842.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「文字列」の欄に「A2」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005234847866.jpg

セルA2の英字の小文字が、セルB2にPROPER関数で英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にして出されました。
20181005234856574.jpg
セルB2に入力されている内容は数式バーの「=PROPER(A2)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=PROPER(A2)」と入力します。

B3~B5のセルとB8~B11のセルとE2~E5のセルとE8~E11のセルにもPROPER関数で英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にしたものを出します。
セルB2に入力されたPROPER関数をコピーして、B3~B5のセルとB8~B11のセルとE2~E5のセルとE8~E11のセルに貼り付けます。
(今回のようにセルに罫線など書式設定がされている場合は、右クリックメニューから「形式を選択して貼り付け」を選択して「数式」を貼り付けてください。)
20181005234912779.jpg
英字の小文字が入力されているA2~A5のセルの英字がB2~B5のセルに、英字の小文字と大文字が混ざって入力されているA8~A11のセルの英字がB8~B11のセルに、英字の大文字が入力されているD2~D5のセルの英字がE2~E5のセルに、英字の大文字と小文字が混ざって入力されているD8~D11のセルの英字がE8~E11のセルに、PROPER関数で英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にして出されました。


PROPER関数
=PROPER(文字列)



応援クリックお願いします♪

 
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

PROPER関数【1】


PROPER関数は、文字列の中に含まれている英単語の先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にしてくれる関数です。

PROPER関数
=PROPER(文字列)

関数名が「PROPER」です。
「文字列」の中に含まれている英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にしてくれます。

《PROPER関数》
=PROPER(文字列)

英字の小文字が入力されているA2~A5のセルの英字をB2~B5のセルに、英字の小文字と大文字が混ざって入力されているA8~A11のセルの英字をB8~B11のセルに、英字の大文字が入力されているD2~D5のセルの英字をE2~E5のセルに、英字の大文字と小文字が混ざって入力されているD8~D11のセルの英字をE8~E11のセルに、PROPER関数で英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にして出してみます。
20181005234431647.jpg

セルA2の英字の小文字を、セルB2にPROPER関数で英単語先頭の一文字目を大文字に二文字目以降を小文字にして出してみます。
「関数の挿入」ボタンからPROPER関数を入力してみます。
PROPER関数を入力したいセルB2をクリックします。
20181005234451911.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005234506940.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181005234602986.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005234620917.jpg

PROPER関数は「文字列操作」の中にあるので、「文字列操作」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181005234645081.jpg

「関数の分類」を「文字列操作」に選択しました。
20181005234718332.jpg

「関数名」の中から「PROPER」を選択します。
20181005234729440.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005234742584.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181005234803767.jpg


PROPER関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

 
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

LOWER関数【2】


LOWER関数【1】からの続きです。

セルA2の英字の大文字を、セルB2にLOWER関数で英字の小文字にして出したいので、「文字列」の欄には「A2」を入力します。
20181005234223721.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「文字列」の欄に「A2」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005234243239.jpg

セルA2の英字の大文字が、セルB2にLOWER関数で英字の小文字にして出されました。
20181005234302161.jpg
セルB2に入力されている内容は数式バーの「=LOWER(A2)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=LOWER(A2)」と入力します。

B3~B5のセルとB8~B11のセルにもLOWER関数で小文字にしたものを出します。
セルB2に入力されたLOWER関数をコピーして、B3~B5のセルとB8~B11のセルに貼り付けます。
(今回のようにセルに罫線など書式設定がされている場合は、右クリックメニューから「形式を選択して貼り付け」を選択して「数式」を貼り付けてください。)
20181005234403742.jpg
英字の大文字が入力されているA2~A5のセルの英字がB2~B5のセルに、英字の大文字と小文字が混ざって入力されているA8~A11のセルの英字がB8~B11のセルに、LOWER関数で英字の小文字にして出されました。


LOWER関数
=LOWER(文字列)



応援クリックお願いします♪

 
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

LOWER関数【1】


LOWER関数は、文字列の中に含まれている英字の大文字を小文字にしてくれる関数です。

LOWER関数
=LOWER(文字列)

関数名が「LOWER」です。
「文字列」の中に含まれている英字の大文字を小文字にしてくれます。

《LOWER関数》
=LOWER(文字列)

英字の大文字が入力されているA2~A5のセルの英字をB2~B5のセルに、英字の大文字と小文字が混ざって入力されているA8~A11のセルの英字をB8~B11のセルに、LOWER関数で英字の小文字にして出してみます。
20181005233830342.jpg

セルA2の英字の大文字を、セルB2にLOWER関数で英字の小文字にして出してみます。
「関数の挿入」ボタンからLOWER関数を入力してみます。
LOWER関数を入力したいセルB2をクリックします。
20181005233851120.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005233907376.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181005233923049.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005233946519.jpg

LOWER関数は「文字列操作」の中にあるので、「文字列操作」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181005234036083.jpg

「関数の分類」を「文字列操作」に選択しました。
20181005234057001.jpg

「関数名」の中から「LOWER」を選択します。
20181005234111438.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181005234123802.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181005234142447.jpg


LOWER関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

 
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする