2018年11月22日

COUNTIF関数【4】


COUNTIF関数【3】からの続きです。

セルE7に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「い」が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出したいので、「範囲」の欄には「分類名」であるA2~A11のセルを範囲指定して入力します。
20181111000735647.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「範囲」の欄に「A2:A11」と入力されました。

「検索条件」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181111000752078.jpg

セルE7に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「い」が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出したいので、「検索条件」の欄には「い」が入力されている「A4」を入力します。(「い」が入力されている「A5」でも大丈夫です。)
20181111000809763.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「検索条件」の欄に「A4」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111000833679.jpg

セルE7に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「い」が入力されているセルの個数がCOUNTIF関数で出されました。
20181111000849948.jpg
セルE7に入力されている内容は数式バーの「=COUNTIF(A2:A11,A4)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=COUNTIF(A2:A11,A4)」と入力します。


COUNTIF関数【5】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

COUNTIF関数【3】


COUNTIF関数【2】からの続きです。

《COUNTIF関数②》
セルE7に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「い」が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出してみます。
20181111000408439.jpg

「関数の挿入」ボタンからCOUNTIF関数を入力してみます。
COUNTIF関数を入力したいセルE7をクリックします。
20181111000422466.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111000441665.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181111000457336.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111000510446.jpg

COUNTIF関数は「統計」の中にあるので、「統計」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181111000526522.jpg

「関数の分類」を「統計」に選択しました。
20181111000548461.jpg

「関数名」の中から「COUNTIF」を選択します。
20181111000603126.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111000614983.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181111000653829.jpg


COUNTIF関数【4】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

COUNTIF関数【2】


COUNTIF関数【1】からの続きです。

セルE3に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「あ」が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出したいので、「範囲」の欄には「分類名」であるA2~A11のセルを範囲指定して入力します。
20181111000214861.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「範囲」の欄に「A2:A11」と入力されました。

「検索条件」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181111000235181.jpg

セルE3に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「あ」が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出したいので、「検索条件」の欄には「あ」を入力したいのですが、文字列などを入力する場合には「"」で囲んで入力します。
「検索条件」の欄には「"あ"」と入力します。
(「あ」と入力してからOKボタンをクリックすると、セルE3に入力されたCOUNTIF関数では自動で「あ」を「"あ"」にしてくれますが、ここでは「"あ"」と入力しています。)
20181111000257361.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「検索条件」の欄に「"あ"」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111000315000.jpg

セルE3に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「あ」が入力されているセルの個数がCOUNTIF関数で出されました。
20181111000332970.jpg
セルE3に入力されている内容は数式バーの「=COUNTIF(A2:A11,"あ")」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=COUNTIF(A2:A11,"あ")」と入力します。


COUNTIF関数【3】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

COUNTIF関数【1】


COUNTIF関数は、条件に合ったセルの個数を求める関数です。

COUNTIF関数
=COUNTIF(範囲,検索条件)

関数名が「COUNTIF」です。
「範囲」にセルの個数を数える範囲を入力します。
「検索条件」に条件を入力します。

《COUNTIF関数①》
セルE3に、「分類名」であるA2~A11のセルの中で、「あ」が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出してみます。
20181110235850477.jpg

「関数の挿入」ボタンからCOUNTIF関数を入力してみます。
COUNTIF関数を入力したいセルE3をクリックします。
20181110235912742.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181110235930480.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181110235944843.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111000016483.jpg

COUNTIF関数は「統計」の中にあるので、「統計」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181111001717324.jpg

「関数の分類」を「統計」に選択しました。
20181111001733650.jpg

「関数名」の中から「COUNTIF」を選択します。
20181111001743735.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111001753947.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181111001816997.jpg


COUNTIF関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

並べ替え【6】


並べ替え【5】からの続きです。

「最優先されるキー」の下に「次に優先されるキー」を入力する欄が出来ました。
20181030215216315.jpg

二番目に優先される基準の「商品名」を昇順にする設定をします。
「次に優先されるキー」の「列」の欄を「商品名」にします。
「次に優先されるキー」の「列」の欄の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215227938.jpg

「商品名」を選択します。
20181030215239746.jpg

「次に優先されるキー」の「列」の欄を「商品名」に選択しました。
20181030215251605.jpg

「次に優先されるキー」の「並べ替えのキー」の欄は「値」のままで大丈夫です。
「次に優先されるキー」の「順序」の欄も「昇順」に並べ替えたいのでこのままで大丈夫です。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215301284.jpg

マウスの右クリックメニューの「ユーザー設定の並べ替え」から、一番目に優先される基準に「担当者名」を昇順に、二番目に優先される基準に「商品名」を昇順にして並べ替えられました。
20181101012952117.jpg



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする