2018年11月15日

並べ替え【5】


並べ替え【4】からの続きです。

●マウスの右クリックメニューの「ユーザー設定の並べ替え」から並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、マウスの右クリックメニューの「ユーザー設定の並べ替え」から二つの基準で並べ替えてみます。
一番目に優先される基準に「担当者名」を昇順に、二番目に優先される基準に「商品名」を昇順にして並べ替えてみます。
(「担当者名」を昇順に並べ、昇順に並んだ「担当者名」のそれぞれの中で「商品名」を昇順に並べます。)
20181030214927369.jpg

この表のデータが入力されているセルで右クリックします。
この表のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここでは表全体を範囲指定して右クリックします。A1~D10のセルを範囲指定してください。
※表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合は、ここで表を範囲指定してください。
20181030214944374.jpg

範囲指定したA1~D10のセルの中で右クリックしてください。
右クリックメニューが表示されます。
20181030214954344.jpg
マウスの右クリックメニューの「並べ替え」の「ユーザー設定の並べ替え」から並べ替えをする場合は、データが入力されているセルで右クリックすれば、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合は、今回のように表を範囲指定してから並べ替えをしてください。

右クリックメニューの中から「並べ替え」にマウスポインタを合わせ、「ユーザー設定の並べ替え」をクリックします。
20181030215008845.jpg

並べ替えダイアログボックスが表示されました。
20181101012838629.jpg

並べ替えダイアログボックスの右上にある「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックが入っているので、表の一番上の行であるA1~D1のセルを見出しとして使用してくていれます。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215033744.jpg

一番目に優先される基準の「担当者名」を昇順にする設定をします。
「最優先されるキー」の「列」の欄を「担当者名」にします。
「最優先されるキー」の「列」の欄の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215048167.jpg

「担当者名」を選択します。
20181030215102836.jpg

「最優先されるキー」の「列」の欄を「担当者名」に選択しました。
20181030215116984.jpg

「最優先されるキー」の「並べ替えのキー」の欄は「値」のままで大丈夫です。
「最優先されるキー」の「順序」の欄も「昇順」に並べ替えたいのでこのままで大丈夫です。
(並べ替えの基準が一つだけであれば、二番目に優先される基準の欄を追加せずに、このままOKボタンをクリックしてください。)

二番目に優先される基準の設定をする欄を追加します。
「レベルの追加」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215152672.jpg


並べ替え【6】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

並べ替え【4】


並べ替え【3】からの続きです。

マウスの右クリックメニューを使って並べ替えをするのも、昇順ボタン・降順ボタン・並べ替えボタンを使って並べ替えするのとほぼ同じ手順になります。


●マウスの右クリックメニューの「昇順」から昇順に並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、マウスの右クリックメニューの「昇順」から「担当者名」を基準に昇順に並べ替えてみます。
20181030214617299.jpg

この表の「担当者名」を基準に昇順に並べ替えるので、「担当者名」のデータが入力されているセルで右クリックします。
「担当者名」のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここではセルB2で右クリックします。
右クリックメニューが表示されます。
20181030214631238.jpg
マウスの右クリックメニューの「並べ替え」の「昇順」から並べ替えをする場合は、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表を自分で範囲指定して並べ替えするやり方は、並べ替え【5】【6】を参考にしてください。

右クリックメニューの中から「並べ替え」にマウスポインタを合わせ、「昇順」をクリックします。
20181030214659950.jpg

マウスの右クリックメニューの「昇順」から、「担当者名」を基準に昇順に並べ替えられました。
20181101012711412.jpg


●マウスの右クリックメニューの「降順」から降順に並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、マウスの右クリックメニューの「降順」から「個数」を基準に降順に並べ替えてみます。
20181030214755171.jpg

この表の「個数」を基準に降順に並べ替えるので、「個数」のデータが入力されているセルで右クリックします。
「個数」のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここではセルD2で右クリックします。
右クリックメニューが表示されます。
20181030214820906.jpg
マウスの右クリックメニューの「並べ替え」の「降順」から並べ替えをする場合は、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表を自分で範囲指定して並べ替えするやり方は、並べ替え【5】【6】を参考にしてください。

右クリックメニューの中から「並べ替え」にマウスポインタを合わせ、「降順」をクリックします。
20181030214837821.jpg

マウスの右クリックメニューの「降順」から、「個数」を基準に降順に並べ替えられました。
20181101012740583.jpg


並べ替え【5】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

並べ替え【3】


並べ替え【2】からの続きです。

「最優先されるキー」の下に「次に優先されるキー」を入力する欄が出来ました。
20181030214417987.jpg

二番目に優先される基準の「商品名」を昇順にする設定をします。
「次に優先されるキー」の「列」の欄を「商品名」にします。
「次に優先されるキー」の「列」の欄の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214429656.jpg

「商品名」を選択します。
20181030214505744.jpg

「次に優先されるキー」の「列」の欄を「商品名」に選択しました。
20181030214519493.jpg

「次に優先されるキー」の「並べ替えのキー」の欄は「値」のままで大丈夫です。
「次に優先されるキー」の「順序」の欄も「昇順」に並べ替えたいのでこのままで大丈夫です。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214531133.jpg

並べ替えボタンを使って、一番目に優先される基準に「担当者名」を昇順に、二番目に優先される基準に「商品名」を昇順にして並べ替えられました。
20181030214551147.jpg


並べ替え【4】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

並べ替え【2】


並べ替え【1】からの続きです。

●並べ替えボタンを使って並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、並べ替えボタンを使って二つの基準で並べ替えてみます。
一番目に優先される基準に「担当者名」を昇順に、二番目に優先される基準に「商品名」を昇順にして並べ替えてみます。
(「担当者名」を昇順に並べ、昇順に並んだ「担当者名」のそれぞれの中で「商品名」を昇順に並べます。)
20181030213836015.jpg

この表のデータが入力されているセルをクリックします。
この表のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここでは表全体を範囲指定します。A1~D10のセルを範囲指定してください。
※表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合は、ここで表を範囲指定してください。
20181030214057881.jpg
並べ替えボタンを使って並べ替えをする場合は、データが入力されているセルが選択されていれば、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合は、今回のように表を範囲指定してから並べ替えをしてください。

並べ替えボタンはデータタブの中にあります。
データタブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214112705.jpg

データタブの中の並べ替えボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214126378.jpg


並べ替えダイアログボックスが表示されました。
20181030214141459.jpg

並べ替えダイアログボックスの右上にある「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックが入っているので、表の一番上の行であるA1~D1のセルを見出しとして使用してくれています。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214156523.jpg

一番目に優先される基準の「担当者名」を昇順にする設定をします。
「最優先されるキー」の「列」の欄を「担当者名」にします。
「最優先されるキー」の「列」の欄の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214213691.jpg

「担当者名」を選択します。
20181030214311010.jpg

「最優先されるキー」の「列」の欄を「担当者名」に選択しました。
20181030214322987.jpg

「最優先されるキー」の「並べ替えのキー」の欄は「値」のままで大丈夫です。
「最優先されるキー」の「順序」の欄も「昇順」に並べ替えたいのでこのままで大丈夫です。
(並べ替えの基準が一つだけであれば、二番目に優先される基準の欄を追加せずに、このままOKボタンをクリックしてください。)

二番目に優先される基準の設定をする欄を追加します。
「レベルの追加」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030214353113.jpg


並べ替え【3】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

並べ替え【1】


作成した表の並べ替えをしてみます。
並べ替えには昇順と降順があります。

昇順は、小さい順です。
数値であれば、1→2→3→4→5 の順になります。文字列であれば、あ→い→う→え→お、A→B→Cの順になります。日付であれば、2018/11/1→2018/11/2→2018/11/3の順になります。
降順は、大きい順です。
数値であれば、5→4→3→2→1 の順になります。文字列であれば、お→え→う→い→あ、C→B→Aの順になります。日付であれば、2018/11/3→2018/11/2→2018/11/1の順になります。

実際に並べ替えをしてみます。


●昇順ボタンを使って昇順に並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、昇順ボタンを使って「担当者名」を基準に昇順に並べ替えてみます。
20181030213121380.jpg

この表の「担当者名」を基準に昇順に並べ替えるので、「担当者名」のデータが入力されているセルをクリックします。
「担当者名」のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここではセルB2をクリックします。
20181030213157060.jpg
昇順ボタンを使って並べ替えをする場合は、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表を自分で範囲指定して並べ替えするやり方は、並べ替え【2】【3】を参考にしてください。

昇順ボタンはデータタブの中にあります。
データタブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030213244577.jpg

データタブの中の昇順ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030213256398.jpg

昇順ボタンを使って、「担当者名」を基準に昇順に並べ替えられました。
20181030213322068.jpg


●降順ボタンを使って降順に並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、降順ボタンを使って「個数」を基準に降順に並べ替えてみます。
20181030213408670.jpg

この表の「個数」を基準に降順に並べ替えるので、「個数」のデータが入力されているセルをクリックします。
「個数」のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここではセルD2をクリックします。
20181030213428951.jpg
降順ボタンを使って並べ替えをする場合は、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表を自分で範囲指定して並べ替えするやり方は、並べ替え【2】【3】を参考にしてください。

降順ボタンはデータタブの中にあります。
データタブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030213721073.jpg

データタブの中の降順ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030213736764.jpg

降順ボタンを使って、「個数」を基準に降順に並べ替えられました。
20181031142325498.jpg


並べ替え【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする