2018年11月15日

並べ替え【5】


並べ替え【4】からの続きです。

●マウスの右クリックメニューの「ユーザー設定の並べ替え」から並べ替え

「日付」を基準に昇順に並んでいる表があります。
この表を、マウスの右クリックメニューの「ユーザー設定の並べ替え」から二つの基準で並べ替えてみます。
一番目に優先される基準に「担当者名」を昇順に、二番目に優先される基準に「商品名」を昇順にして並べ替えてみます。
(「担当者名」を昇順に並べ、昇順に並んだ「担当者名」のそれぞれの中で「商品名」を昇順に並べます。)
20181030214927369.jpg

この表のデータが入力されているセルで右クリックします。
この表のデータが入力されているセルならどのセルでも大丈夫ですが、ここでは表全体を範囲指定して右クリックします。A1~D10のセルを範囲指定してください。
※表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合は、ここで表を範囲指定してください。
20181030214944374.jpg

範囲指定したA1~D10のセルの中で右クリックしてください。
右クリックメニューが表示されます。
20181030214954344.jpg
マウスの右クリックメニューの「並べ替え」の「ユーザー設定の並べ替え」から並べ替えをする場合は、データが入力されているセルで右クリックすれば、表の範囲を自動で認識してくれます。
表の列や行にデータが入力されていない箇所がある場合や、表の一部に空白がある場合、その空白の位置によっては、表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合があります。そうなってしまうと、並べ替えが正しく出来ません。データが入力されていない箇所がある場合は注意してください。
表の範囲を思っている所まで認識してくれない場合は、今回のように表を範囲指定してから並べ替えをしてください。

右クリックメニューの中から「並べ替え」にマウスポインタを合わせ、「ユーザー設定の並べ替え」をクリックします。
20181030215008845.jpg

並べ替えダイアログボックスが表示されました。
20181101012838629.jpg

並べ替えダイアログボックスの右上にある「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックが入っているので、表の一番上の行であるA1~D1のセルを見出しとして使用してくていれます。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215033744.jpg

一番目に優先される基準の「担当者名」を昇順にする設定をします。
「最優先されるキー」の「列」の欄を「担当者名」にします。
「最優先されるキー」の「列」の欄の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215048167.jpg

「担当者名」を選択します。
20181030215102836.jpg

「最優先されるキー」の「列」の欄を「担当者名」に選択しました。
20181030215116984.jpg

「最優先されるキー」の「並べ替えのキー」の欄は「値」のままで大丈夫です。
「最優先されるキー」の「順序」の欄も「昇順」に並べ替えたいのでこのままで大丈夫です。
(並べ替えの基準が一つだけであれば、二番目に優先される基準の欄を追加せずに、このままOKボタンをクリックしてください。)

二番目に優先される基準の設定をする欄を追加します。
「レベルの追加」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181030215152672.jpg


並べ替え【6】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気ブログランキング