2018年12月28日

MINUTE関数【1】


MINUTE関数は、時刻の中の「分」を表示してくれる関数です。

MINUTE関数
=MINUTE(シリアル値)

関数名が「MINUTE」です。
「シリアル値」に「分」を取り出したい時刻を指定します。

《MINUTE関数①》
セルA2に入力されている時刻の「分」を、セルD2にMINUTE関数で出してみます。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20181211200415246.jpg

「関数の挿入」ボタンからMINUTE関数を入力してみます。
MINUTE関数を入力したいセルD2をクリックします。
20181211200434214.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211200454168.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181211200525897.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211200539643.jpg

MINUTE関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181211200555268.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181211200613483.jpg

「関数名」の中から「MINUTE」を選択します。
20181211200630873.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211200647924.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181211200824196.jpg


MINUTE関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

HOUR関数【2】


HOUR関数【1】からの続きです。

セルA2に入力されている時刻の「時」をHOUR関数で出したいので、「シリアル値」の欄には「A2」を入力します。
20181211200123489.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「シリアル値」の欄に「A2」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211200140106.jpg

セルA2に入力されている時刻の「時」が、セルC2にHOUR関数で出されました。
20181211200151319.jpg
セルC2に入力されている内容は数式バーの「=HOUR(A2)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=HOUR(A2)」と入力します。

A3~A6のセルに入力されている時刻の「時」を、C3~C6のセルにもHOUR関数で出してみます。
セルC2に入力されたHOUR関数をコピーしてC3~C6のセルに貼り付けします。
20181211200207905.jpg
A3~A6のセルに入力されている時刻の「時」が、C3~C6のセルにもHOUR関数で出されました。


《HOUR関数②》
セルA2に入力されている日付と時刻はNOW関数の日付と時刻です。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20181211200234259.jpg

セルA2に入力されているNOW関数の日付と時刻の「時」を、セルC2にHOUR関数で出してみました。
20181211200254496.jpg
セルC2に入力されている内容は数式バーの「=HOUR(A2)」であることがわかります。


HOUR関数
=HOUR(シリアル値)



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

HOUR関数【1】


HOUR関数は、時刻の中の「時」を表示してくれる関数です。

HOUR関数
=HOUR(シリアル値)

関数名が「HOUR」です。
「シリアル値」に「時」を取り出したい時刻を指定します。

《HOUR関数①》
セルA2に入力されている時刻の「時」を、セルC2にHOUR関数で出してみます。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20181211195755031.jpg

「関数の挿入」ボタンからHOUR関数を入力してみます。
HOUR関数を入力したいセルC2をクリックします。
20181211195810676.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211195826098.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181211195838093.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211195859424.jpg

HOUR関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181211195911536.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181211195925060.jpg

「関数名」の中から「HOUR」を選択します。
20181211195939430.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181211195950835.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181211200003210.jpg


HOUR関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

TIME関数【2】


TIME関数【1】からの続きです。

セルA2に入力されている「時」とセルB2に入力されている「分」とセルC2に入力されている「秒」のそれぞれの数値を、TIME関数で時刻にしてセルE2に出したいので、「時」の欄には「A2」を入力します。
20181206032458838.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「時」の欄に「A2」と入力されました。

「分」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181206032543698.jpg

セルA2に入力されている「時」とセルB2に入力されている「分」とセルC2に入力されている「秒」のそれぞれの数値を、TIME関数で時刻にしてセルE2に出したいので、「分」の欄には「B2」を入力します。
20181206033008742.jpg
関数の引数ダイアログボックス「分」の欄に「B2」と入力されました。

「秒」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181206033040580.jpg

セルA2に入力されている「時」とセルB2に入力されている「分」とセルC2に入力されている「秒」のそれぞれの数値を、TIME関数で時刻にしてセルE2に出したいので、「秒」の欄には「C2」を入力します。
20181206033107614.jpg
関数の引数ダイアログボックス「秒」の欄に「C2」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206033123990.jpg

セルA2に入力されている「時」とセルB2に入力されている「分」とセルC2に入力されている「秒」のそれぞれの数値が、TIME関数で時刻にしてセルE2に出されました。
20181206033209639.jpg
セルE2に入力されている内容は数式バーの「=TIME(A2,B2,C2)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=TIME(A2,B2,C2)」と入力します。

E3~E6のセルにも、「時」と「分」と「秒」のそれぞれの数値をTIME関数で時刻にして出してみます。
セルE2に入力されたTIME関数をコピーしてE3~E6のセルに貼り付けします。
20181206033218911.jpg
E3~E6のセルにも、「時」と「分」と「秒」のそれぞれの数値がTIME関数で時刻にして出されました。


セルE5に入力されているTIME関数をみてみます。
セルA5に入力されている「時」とセルB5に入力されている「分」とセルC5に入力されている「秒」のそれぞれの数値が、TIME関数で時刻にしてセルE5に出されました。
20181206033232067.jpg
セルB5に入力されている「分」は「60分」です。
セルC5に入力されている「秒」は「60秒」です。
セルE5に入力されているTIME関数では、セルB5に入力されている「分」の「60分」を「時」に、セルC5に入力されている「秒」の「60秒」を「分」にそれぞれ繰り上げて「7:01 PM」にしてくれています。
TIME関数では、「分」に指定した数値が「60」以上の場合は「時」に、「秒」に指定した数値が「60」以上の場合は「分」にそれぞれ繰り上げてくれます。


セルE6に入力されているTIME関数をみてみます。
セルA6に入力されている「時」とセルB6に入力されている「分」とセルC6に入力されている「秒」のそれぞれの数値が、TIME関数で時刻にしてセルE6に出されました。
20181206033406270.jpg
セルA6に入力されている「時」は「27時」です。
セルE6に入力されているTIME関数では、セルB6に入力されている「時」の「27時」を「3:10 AM」にしてくれています。
TIME関数では、「時」に指定した数値が「24」以上の場合は、その数値を24で割って余った数値にしてくれます。


TIME関数
=TIME(時,分,秒)



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

TIME関数【1】


TIME関数は、指定した「時」「分」「秒」のそれぞれの数値を時刻に表示してくれる関数です。

TIME関数
=TIME(時,分,秒)

関数名が「TIME」です。
「時」に時を指定します。
「分」に分を指定します。
「秒」に秒を指定します。


《TIME関数》
=TIME(時,分,秒)

セルA2に入力されている「時」とセルB2に入力されている「分」とセルC2に入力されている「秒」のそれぞれの数値を、TIME関数で時刻にしてセルE2に出してみます。
20181206031648470.jpg

「関数の挿入」ボタンからTIME関数を入力してみます。
TIME関数を入力したいセルE2をクリックします。
20181206031700522.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206031715138.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181206032049431.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206032109581.jpg

TIME関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181206032147103.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181206032226230.jpg

「関数名」の中から「TIME」を選択します。
20181206032256790.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206032315746.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181206032346416.jpg


TIME関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする