2018年12月07日

TODAY関数


TODAY関数は、現在の日付を表示してくれる関数です。
使用しているパソコンの日付から日付を表示してくれます。
ファイルを開くと、開いたときの日付に更新してくれます。
(時間通りに日付が変わるのではなく、ファイルを開いたり、再計算したりすれば日付が更新されます。)

TODAY関数
=TODAY()

関数名が「TODAY」です。
引数はありません。
「=TODAY()」と入力すれば、現在の日付を表示してくれます。


《TODAY関数》
=TODAY()

セルA2にTODAY関数で現在の日付を出してみます。
「関数の挿入」ボタンからTODAY関数を入力してみます。
TODAY関数を入力したいセルA2をクリックします。
20181123230259541.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181123230317883.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181123230334554.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181123230352664.jpg

TODAY関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181123230411065.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181123230422809.jpg

「関数名」の中から「TODAY」を選択します。
20181123230435362.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181123230448029.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
TODAY関数は引数を入力しないので、このままOKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181123230508780.jpg

セルA2にTODAY関数で現在の日付が出されました。
20181124091301602.jpg
セルA2に入力されている内容は数式バーの「=TODAY()」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=TODAY()」と入力します。


TODAY関数
=TODAY()



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする