2019年06月10日

検索~オプションを使って検索~【6】


検索~オプションを使って検索~【5】からの続きです。

半角・大文字の「C」と入力されているセルA3がアクティブセルになりました。
検索と置換ダイアログボックスの下側には、半角・大文字の「C」が入力されているセルを「検索」の「オプション」で「セル内容が完全に同一であるものを検索する」と「大文字と小文字を区別する」と「半角と全角を区別する」を設定して、「検索対象」は「数式」にして「すべて検索」で検索した結果が表示されています。
20190521160145102.jpg

検索と置換ダイアログボックスを大きくして確認してみます。
検索と置換ダイアログボックスの下側には、半角・大文字の「C」が入力されているセルを「検索」の「オプション」で「セル内容が完全に同一であるものを検索する」と「大文字と小文字を区別する」と「半角と全角を区別する」を設定して、「検索対象」は「数式」にして「すべて検索」で検索した結果が表示されています。
20190521160201691.jpg
検索した結果には、
半角・大文字の「C」と入力されているセルA3
が表示されました。


《検索~オプションを使って検索~④》と同様に、「セル内容が完全に同一であるものを検索する」と「大文字と小文字を区別する」と「半角と全角を区別する」のチェックボックスにレ点を入れて検索すると、セル内容が完全に同一であるもので、大文字と小文字を区別して、半角と全角を区別して検索されます。

「検索対象」は「数式」にしています。
半角・大文字の「C」と入力されているセルA3だけが検索され、LEFT関数で半角・大文字の「C」と出されているセルC3とLEFT関数で半角・大文字の「C」と出されているセルC8は検索されていません。


《検索~オプションを使って検索~⑥》
A1~A5のセルに半角・大文字の文字列を、A6~A10のセルに半角・小文字の文字列を入力しています。
B1~B10のセルに半角・大文字の文字列と数値をあわせて入力しています。
C1~C10のセルにB1~B10のセルから先頭の1文字を取り出すLEFT関数を入力しています。
(セルC1に入力されている内容がわかるようにセルC1をアクティブセルにしています。)
20190521160610256.jpg

A1~C10のセルの中から、半角・大文字の「C」が入力されているセルを「検索」の「オプション」で「セル内容が完全に同一であるものを検索する」と「大文字と小文字を区別する」と「半角と全角を区別する」を設定して、「検索対象」は「値」にして「すべて検索」で検索してみます。
20190521160630889.jpg

ここでは、ショートカットキーを使って検索と置換ダイアログボックスの検索タブを開いてみます。
ctrlキーを押しながら「F」を押します。

検索と置換ダイアログボックスの検索タブが開きました。
20190521161135068.jpg

半角・大文字の「C」が入力されているセルを検索したいので、「検索する文字列」の欄に半角・大文字の「C」と入力します。
20190521161156448.jpg

「オプション」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20190521161209617.jpg

オプションの設定ができるようになりました。
20190521161227595.jpg

「セル内容が完全に同一であるものを検索する」と「大文字と小文字を区別する」と「半角と全角を区別する」をクリックします。
赤い四角で囲んだ所です。
20190521161358694.jpg

「セル内容が完全に同一であるものを検索する」と「大文字と小文字を区別する」と「半角と全角を区別する」のチェックボックスにレ点が入りました。
20190521161440249.jpg


検索~オプションを使って検索~【7】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする