2018年02月21日

複数の列・行の範囲指定

●複数の連続した列の範囲指定
列番号をドラッグして範囲指定する方法とsiftキーを使う方法があります。


A列からC列までドラッグで範囲指定してみます。
A列の列番号からC列の列番号までドラッグします。
20180217185651468.jpg
A列からC列まで範囲指定できました。


A列からC列までsiftキーを使って範囲指定してみます。
A列の列番号をクリックします。
20180217185800296.jpg
A列が指定されました。

A列が指定された状態でsiftキーを押しながらC列の列番号をクリックします。
20180217185812616.jpg
A列からC列まで範囲指定できました。


siftキーと→キーでも範囲指定できます。
A列の列番号をクリックします。
20180217185855244.jpg
A列が指定されました。

A列が指定された状態で、siftキーを押しながら→キーを2回(C列まで)押します。
20180217185911687.jpg
A列からC列まで範囲指定できました。
siftキーを押しながら→キーを1回押すごとに範囲指定される列が1列ずつ増えていきます。


たくさんの連続した列を範囲指定する場合は、ドラッグだと大変なのでsiftキーを使うと便利です。


●複数のはなれた列の範囲指定
ctrlキーを使います。

A列とC列を範囲指定してみます。
A列の列番号をクリックします。
20180217185953421.jpg
A列が指定されました。

ctrlキーを押しながらC列の列番号をクリックします。
20180217190013179.jpg
A列とC列が範囲指定できました。

複数のはなれた列を範囲指定するには、
1つ目の列はそのまま列番号をクリックします。
2つ目以降の列番号はctrlキーを押しながらクリックしていけば、どんどん指定できます。



行の範囲指定も列の範囲指定と同様です。

複数の連続した列の範囲指定は、行番号をドラッグして範囲指定するか、siftキーを使って範囲指定します。

複数のはなれた行の範囲指定はctrlキーを使います。



応援クリックお願いします♪

人気ブログランキングへ
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 範囲指定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください