2018年02月23日

列の幅と行の高さの調整2

列の幅と行の高さの調整1からの続きです。

ダブルクリックでも調整出来ます。
ダブルクリックは任意の幅に自動で調整してくれます。
マウスポインタが赤い○で囲んだように左右の矢印に変わった状態でダブルクリックをします。
20180216200957258.jpg

列の幅を任意でに調整してくれました。
20180216201017746.jpg


範囲指定すれば複数の列も同時に列の幅を調整してくれます。
A列からC列をダブルクリックで任意の幅に調整してみます。
20180216201048208.jpg

A列からC列の列番号をドラッグしてA列からC列を範囲指定します。
20180216201103472.jpg

A列・B列・C列どの列番号でもいいので列番号の右側にマウスポインタを合わせます。
20180216201114177.jpg
マウスポインタの形が変わりました。(画像はB列の右側で合わせています。)

マウスポインタの形が変わったらダブルクリックします。
20180216201206793.jpg
A列・B列・C列がそれぞれ任意の幅で調整されました。

ダブルクリックでは任意の幅で調整してくれましたが、ドラッグで調整すると指定した列は全て同じ列幅になります。
列の幅を揃えてきれいに見せたいときに使えます。



行の高さも同様に調整できます。
行の高さをを調整したいときは、行の高さを調整したい行番号の下側にマウスポインタを合わせます。
1行目をを調整したいときは1行目と2行目の行番号の間にカーソルを合わせます。
20180216201313070.jpg

マウスポインタの形が変わったらマウスをドラッグし上下に移動させれば行の高さを調整できます。
20180216201326949.jpg
もちろんダブルクリックも使えます。


列の幅や行の高さを調整して、画面上は全てきれいに表示されていても、印刷したら全て表示されていなかったって事もあるので要注意です。
印刷前には全て表示されているか印刷プレビューで必ず確認してくださいね。



応援クリックお願いします♪

人気ブログランキングへ
posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 表示関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください