2018年05月31日

セルの書式設定(配置タブ)【9】(文字の制御 ・方向 )



セルの書式設定(配置タブ)【8】からの続きです。

「セルを結合する」

「セルを結合する」は範囲指定したセルを結合してくれます。
「セルを結合する」は「セルを結合して中央揃え」ボタンとは少し違います。セルを結合する設定のみです。文字の配置を中央揃えにする設定はありません。
文字の配置を設定したい場合は、文字の位置(横位置)で設定します。

「セルを結合する」を設定して、A1~E1のセルを結合してみます。
20180517155137612.jpg

結合したいセルを範囲指定します。
A1~E1のセルを結合したいので、A1~E1を範囲指定します。
20180517155148596.jpg

セルの書式設定ダイアログボックスの配置タブを開きます。
(ショートカットキーで開く場合は、ctrlキーを押しながら「1」を押して、配置タブをクリックします。)

「セルを結合する」のチェックボックスをクリックしてレ点を入れます。
赤い丸で囲んだ所です。
20180517155212669.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180517155233912.jpg

「セルを結合する」を設定して、A1~E1のセルを結合されました。
セルを結合する設定のみの設定をしたので文字の配置は変更されていません。
20180517155252563.jpg


●方向

文字列の方向を変更したい場合、方向で設定できます。
「方向」は「方向」ボタンと同じ設定になります。
方向は赤い点線で囲んでいる所です。
20180518153720903.jpg

方向を設定するには、赤い点線で囲んでいる所で角度を指定します。
20180518153730550.jpg

直接角度を入力しても設定できます。
20180518153740325.jpg

縦書きにする場合は赤い点線で囲んでいるところをクリックします。
20180518153750560.jpg

変更したい角度に設定ができれば最後にOKボタンを押します。
20180518153809592.jpg


※セルの書式設定ダイアログボックスの中の配置タブのみの書式設定を書きましたが、配置タブ以外の書式設定も、設定したいタブに移動して全ての書式を設定した後にOKボタンを押せば同時に設定することができます。



応援クリックお願いします♪


人気ブログランキングへ


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください