2018年08月28日

CONCATENATE関数【4】


CONCATENATE関数【3】からの続きです。

セルA1に入力されている数値「100」の前に文字列「№」を付けて「№100」にしたいので、「文字列1」の欄には「№」を入力するのですが、文字列を関数の中に直接入力したいときは、文字列の前と後ろに「"」を付けて入力します。
「文字列1」の欄には「"№"」と入力します。
(「"」はsiftキーを押しながらキーボードの「2」を押してください。)
20180816164717197.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「文字列1」の欄に「"№"」と入力されました

「文字列2」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20180816164726016.jpg

セルA1に入力されている数値「100」の前に文字列「№」を付けて「№100」にしたいので、「文字列2」の欄には「A1」を入力します。
20180816164741941.jpg
関数の引数ダイアログボックス「文字列2」の欄に「A1」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20180816164751760.jpg

CONCATENATE関数で、セルA1に入力されている数値「100」の前に文字列「№」を付けて「№100」にしたものがセルB1に出されました。
20180816183348605.jpg
セルB1に入力されている内容は数式バーの「=CONCATENATE("№",A1)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=CONCATENATE("№",A1)」と入力します。


CONCATENATE関数は、別々の文字列を一つにしてくれます。

CONCATENATE関数
=CONCATENATE(文字列1,文字列2,・・・)



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください