2018年11月27日

COUNTIF関数【6】


COUNTIF関数【5】からの続きです。

セルE11に、「数量」であるC2~C11のセルの中で、数量「5」以上が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出したいので、「範囲」の欄には「数量」であるC2~C11のセルを範囲指定して入力します。
20181111001217186.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「範囲」の欄に「C2:C11」と入力されました。

「検索条件」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181111001228920.jpg

セルE11に、「数量」であるC2~C11のセルの中で、数量「5」以上が入力されているセルの個数をCOUNTIF関数で出したいので、「検索条件」の欄には「>=5」を入力したいのですが、COUNTIF関数では比較演算子を使った式などを入力する場合にも「"」で囲んで入力します。
「検索条件」の欄には「">=5"」と入力します。
(「>=5」と入力してからOKボタンをクリックすると、セルE11に入力されたCOUNTIF関数では自動で「>=5」を「">=5"」にしてくれますが、ここでは「">=5"」と入力しています。)
20181111001241639.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「検索条件」の欄に「">=5"」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181111001300251.jpg

セルE11に、「数量」であるC2~C11のセルの中で、数量「5」以上が入力されているセルの個数がCOUNTIF関数で出されました。
20181111001310024.jpg
セルE11に入力されている内容は数式バーの「=COUNTIF(C2:C11,">=5")」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=COUNTIF(C2:C11,">=5")」と入力します。


COUNTIF関数
=COUNTIF(範囲,検索条件)



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください