2019年01月09日

WEEKDAY関数【1】



WEEKDAY関数は、日付の中の「曜日」を指定した数値にして表示してくれる関数です。

WEEKDAY関数
=WEEKDAY(シリアル値,種類)

関数名が「WEEKDAY」です。
「シリアル値」に「曜日」を指定した数値にしたい日付を指定します。
「種類」に「曜日」を数値にする種類を指定します。

「種類」に「1」を指定すれば、日曜日→1、月曜日→2、火曜日→3、水曜日→4、木曜日→5、金曜日→6、土曜日→7と表示されます。
(「種類」を入力せず省略した場合は、「種類」に「1」を入力した場合と同じように表示されます。)
「種類」に「2」を指定すれば、月曜日→1、火曜日→2、水曜日→3、木曜日→4、金曜日→5、土曜日→6、日曜日→7と表示されます。
「種類」に「3」を指定すれば、月曜日→0、火曜日→1、水曜日→2、木曜日→3、金曜日→4、土曜日→5、日曜日→6と表示されます。
20181225152118664.jpg

《WEEKDAY関数①》
A2~A8のセルに入力されているのは日付です。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
日付の「曜日」を数値にしてWEEKDAY関数で出すので、A2~A8のセルのそれぞれ横のB2~B8のセルに確認できるように曜日を入力しています。
20181225152146834.jpg

セルA2に入力されている日付の「曜日」を数値にして、セルD2にWEEKDAY関数で出してみます。
今回は、数値の「種類」に「1」を指定して、日曜日→1、月曜日→2、火曜日→3、水曜日→4、木曜日→5、金曜日→6、土曜日→7と表示させます。
「関数の挿入」ボタンからWEEKDAY関数を入力してみます。
WEEKDAY関数を入力したいセルD2をクリックします。
20181225152252551.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181225152308532.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181225154202665.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181225154220095.jpg

WEEKDAY関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181225154233398.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181225154245348.jpg

「関数名」の中から「WEEKDAY」を選択します。
20181225154405860.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181225154422066.jpg


WEEKDAY関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください