2019年04月16日

セルの書式設定の表示形式~文字列~【2】


セルの書式設定の表示形式~文字列~【1】からの続きです。

A3~A11のセルに「002」から「010」という数字を入力します。
セルA2をクリックします。
20190326150048707.jpg

セルA2の右下にある■(フィルハンドル)にマウスポインタを合わせます。
マウスポインタが「+」に変わったら、「+」の状態のままセルA11までドラッグします。
20190326150107222.jpg

A3~A11のセルに「002」から「010」という数字が入力されました。
(A2~A11のセルがみやすいようにと、数式バーで入力されている内容が確認できるように、セルA2をアクティブセルにしています。)
20190415182527625.jpg

※ここではオートフィル機能を使って入力しましたが、各セルにデータをそれぞれ入力する場合は、表示形式を「文字列」にしたいセル全てに、セルの書式設定の表示形式の「文字列」を設定してください。


※セルの表示形式を「標準」に戻したい場合は、【セルの表示形式】のそれぞれの記事の中の《表示形式を「標準」に戻す》や、【セルの書式設定ダイアログボックスの表示形式から表示形式を「標準」に戻す】の記事を参考にしてください。


《参考》
セルの書式設定ダイアログボックスの表示形式から「文字列」に設定するのとは違う方法で、セルA2に「001」と入力してみます。
セルA2をクリックします。
20190326150252335.jpg

セルA2に「’001」と入力します。「001」の前に「’」をつけて入力します。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20190326150304361.jpg
セルA2に「001」と入力されました。
セルA2に入力されている内容は数式バーの「’001」であることがわかります。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください