2019年05月13日

条件付き書式で土日のフォントの色を変更する【2】


条件付き書式で土日のフォントの色を変更する【1】からの続きです。

続けて、WEEKDAY関数のシリアル値になるセルを指定します。
セルA2をクリックしてください。
20190424004821387.jpg
「=WEEKDAY($A$2」と入力されました。
入力されたセルA2は絶対参照になっています。

A2~A11のセルの日付が日曜日のフォントの色を赤色にしたいので、セルA2の絶対参照を相対参照にします。
カーソルが「=WEEKDAY($A$2」の後ろにある状態でF4キーを3回押します。
20190424004858191.jpg
セルA2の絶対参照が相対参照になり、「=WEEKDAY(A2」となりました。

WEEKDAY関数の続きを入力していきます。
「=WEEKDAY(A2」の後ろに「,1)」と入力します。
20190424004919307.jpg
「=WEEKDAY(A2,1)」と入力できました。
WEEKDAY関数まで入力できました。

数式の続きを入力します。
WEEKDAY関数は、「種類」に「1」を指定すれば
日曜日→1、月曜日→2、火曜日→3、水曜日→4、木曜日→5、金曜日→6、土曜日→7
と表示されます。
日曜日は「1」です。
A2~A11のセルの日付が日曜日のフォントの色を赤色にしたいので、先ほど入力したWEEKDAY関数が「1」であればという数式にします。
「=WEEKDAY(A2,1)」の後ろに「=1」と入力します。
20190424004953841.jpg
「=WEEKDAY(A2,1)=1」と入力できました。
これで「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の数式が入力できました。

A2~A11のセルの日付が日曜日のフォントの色を赤色にしたいので、フォントの色の指定をします。
「書式」をクリックしてください。
赤い丸で囲んだ所です。
20190424005019892.jpg

セルの書式設定ダイアログボックスのフォントタブが開きました。
先ほど入力した数式を満たした場合の書式を設定するための、セルの書式設定ダイアログボックスです。
20190424005036435.jpg

A2~A11のセルの日付が日曜日のフォントの色を赤色にしたいので、色を赤色にします。
色の「自動」と表示されている右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20190424005058958.jpg

表示された色の中から設定したいフォントの色の赤色をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20190424005112177.jpg

フォントの色を赤色に設定できました。
20190424005124380.jpg


条件付き書式で土日のフォントの色を変更する【3】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 書式設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください