2019年06月27日

置換~オプションを使って置換~【2】


置換~オプションを使って置換~【1】からの続きです。

「検索と4件の置換を完了しました。」と表示されました。
A1~C10のセルの中から、「C」が入力されているセルの「C」を「う」に「置換」の「オプション」で「セル内容が完全に同一であるものを検索する」を設定して「すべて置換」で置換られました。
20190605152735179.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20190605152756882.jpg

閉じるボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20190605152814352.jpg

A1~C10のセルの中から、「C」が入力されているセルの「C」を「う」に「置換」の「オプション」で「セル内容が完全に同一であるものを検索する」を設定して「すべて置換」で置換られました。
20190605152835107.jpg
確認してみます。
半角・大文字の「C」と入力されているセルA3が「う」に置換られました。
全角・大文字の「C」と入力されているセルB3が「う」に置換られました。
半角・小文字の「c」と入力されているセルA8が「う」に置換られました。
全角・小文字の「c」と入力されているセルB8が「う」に置換られました。


「セル内容が完全に同一であるものを検索する」のチェックボックスにレ点を入れて置換すると、セル内容が完全に同一であるものが置換されました。


《置換~オプションを使って置換~②》
A1~A5のセルに半角・大文字の文字列を、A6~A10のセルに半角・小文字の文字列を入力しています。
B1~B5のセルに全角・大文字の文字列を、B6~B10のセルに全角・小文字の文字列を入力しています。
C1~C10のセルに半角・大文字の文字列と数値をあわせて入力しています。
A1~C10のセルの中から、「C」が入力されているセルの「C」を「う」に「置換」の「オプション」「大文字と小文字を区別する」を設定して「すべて置換」で置換してみます。
20190605152849381.jpg

ここでは、ショートカットキーを使って検索と置換ダイアログボックスの置換タブを開いてみます。
ctrlキーを押しながら「H」を押します。

検索と置換ダイアログボックスの置換タブが開きました。
20190605152918807.jpg

「C」が入力されているセルの「C」を「う」に置換したいので、「検索する文字列」の欄に「C」と入力します。
ここでは、半角・大文字で「C」と入力します。
20190605152932190.jpg

「置換後の文字列」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20190605152945757.jpg

「C」が入力されているセルの「C」を「う」に置換したいので、「置換後の文字列」の欄に「う」と入力します。
20190605153002179.jpg

「オプション」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20190605153035755.jpg


置換~オプションを使って置換~【3】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | エクセル入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください