2020年07月13日

図形やテキストボックスを接続しているコネクタの再接続【2】



図形やテキストボックスを接続しているコネクタの再接続【1】からの続きです。

《コネクタを一番近い接続ポイントに自動で再接続する》
図形1と図形2、図形2とテキストボックスはコネクタで接続しています。
図形2とテキストボックスは、図形2の下側の接続ポイントとテキストボックスの上側の接続ポイントを接続しています。
(見やすいようにコネクタの線の色と線の太さは変更しています。)
20200528225958313.jpg

テキストボックスを移動させました。
20200528230022424.jpg

図形2とテキストボックスを接続しているコネクタを一番近い接続ポイントに自動で再接続してみます。
再接続させたいコネクタの線をクリックしてください。
コネクタの線が選択されている状態になります。
20200528230032905.jpg

描画ツールが表示されます。
20200528230039973.jpg

描画ツールの書式タブをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20200528230045964.jpg

描画ツールの書式タブの「図形の挿入」の「図形の編集」をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20200528230054380.jpg

「コネクタの再接続」をクリックします。
赤い四角で囲んだ所です。
20200528230109408.jpg

図形2とテキストボックスを接続しているコネクタが一番近い接続ポイントに自動で再接続されました。
20200528230124036.jpg

図形2とテキストボックスを接続しているコネクタが一番近い接続ポイントに自動で再接続できたので、図形以外の場所をクリックして図形を確認してみます。
20200528230135654.jpg
図形2とテキストボックスを接続しているコネクタが一番近い接続ポイントに自動で再接続されました。


posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 図形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


人気ブログランキング