2018年12月17日

MONTH関数【1】


MONTH関数は、日付の中の「月」を表示してくれる関数です。

MONTH関数
=MONTH(シリアル値)

関数名が「MONTH」です。
「シリアル値」に「月」を取り出したい日付を指定します。

《MONTH関数①》
セルA2に入力されている日付の「月」を、セルD2にMONTH関数で出してみます。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20181203170639267.jpg

「関数の挿入」ボタンからMONTH関数を入力してみます。
MONTH関数を入力したいセルD2をクリックします。
20181203170700500.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203170717294.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181203170730212.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203170753882.jpg

MONTH関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181203170846443.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181203170855426.jpg

「関数名」の中から「MONTH」を選択します。
20181203171026339.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203171633875.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181203171702978.jpg


MONTH関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

YEAR関数【2】


YEAR関数【1】からの続きです。

セルA2に入力されている日付の「年」をYEAR関数で出したいので、「シリアル値」の欄には「A2」を入力します。
20181203170204855.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「シリアル値」の欄に「A2」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203170219757.jpg

セルA2に入力されている日付の「年」が、セルC2にYEAR関数で出されました。
20181203170245386.jpg
セルC2に入力されている内容は数式バーの「=YEAR(A2)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=YEAR(A2)」と入力します。

A3~A6のセルに入力されている日付の「年」を、C3~C6のセルにもYEAR関数で出してみます。
セルC2に入力されたYEAR関数をコピーしてC3~C6のセルに貼り付けします。
20181203170314439.jpg
A3~A6のセルに入力されている日付の「年」が、C3~C6のセルにもYEAR関数で出されました。


《YEAR関数②》
セルA2に入力されている日付はTODAY関数の日付です。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20181203170344948.jpg

セルA2に入力されているTODAY関数の日付の「年」を、セルC2にYEAR関数で出してみました。
20181203170407251.jpg
セルC2に入力されている内容は数式バーの「=YEAR(A2)」であることがわかります。


YEAR関数
=YEAR(シリアル値)



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

YEAR関数【1】


YEAR関数は、日付の中の「年」を表示してくれる関数です。

YEAR関数
=YEAR(シリアル値)

関数名が「YEAR」です。
「シリアル値」に「年」を取り出したい日付を指定します。

《YEAR関数①》
セルA2に入力されている日付の「年」を、セルC2にYEAR関数で出してみます。
(セルA2に入力されている内容がわかるようにセルA2をアクティブセルにしています。)
20181203165624030.jpg

「関数の挿入」ボタンからYEAR関数を入力してみます。
YEAR関数を入力したいセルC2をクリックします。
20181203165636412.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203165650988.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181203165705077.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203165723973.jpg

YEAR関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181203165946862.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181203165959591.jpg

「関数名」の中から「YEAR」を選択します。
20181203170015233.jpg

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181203170026458.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181203170039498.jpg


YEAR関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

DATE関数【2】


DATE関数【1】からの続きです。

「月」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181206030714414.jpg

セルA2に入力されている「年」とセルB2に入力されている「月」とセルC2に入力されている「日」のそれぞれの数値を、DATE関数で日付にしてセルE2に出したいので、「月」の欄には「B2」を入力します。
20181206030732730.jpg
関数の引数ダイアログボックス「月」の欄に「B2」と入力されました。

「日」の欄に移動します。
「Tab」キーを押します。
20181206031018435.jpg

セルA2に入力されている「年」とセルB2に入力されている「月」とセルC2に入力されている「日」のそれぞれの数値を、DATE関数で日付にしてセルE2に出したいので、「日」の欄には「C2」を入力します。
20181206031038855.jpg
関数の引数ダイアログボックス「日」の欄に「C2」と入力されました。

OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206031240952.jpg

セルA2に入力されている「年」とセルB2に入力されている「月」とセルC2に入力されている「日」のそれぞれの数値が、DATE関数で日付にしてセルE2に出されました。
20181206031253345.jpg
セルE2に入力されている内容は数式バーの「=DATE(A2,B2,C2)」であることがわかります。
「関数の挿入」ボタンを使わず、関数をキーボードから直接入力する場合は「=DATE(A2,B2,C2)」と入力します。

E3~E6のセルにも、「年」と「月」と「日」のそれぞれの数値をDATE関数で日付にして出してみます。
セルE2に入力されたDATE関数をコピーしてE3~E6のセルに貼り付けします。
20181206031316608.jpg
E3~E6のセルにも、「年」と「月」と「日」のそれぞれの数値がDATE関数で日付にして出されました。


セルE5に入力されているDATE関数をみてみます。
セルA5に入力されている「年」とセルB5に入力されている「月」とセルC5に入力されている「日」のそれぞれの数値が、DATE関数で日付にしてセルE5に出されました。
20181206031520082.jpg
セルB5に入力されている「月」は「13月」です。
セルE5に入力されているDATE関数では、セルB5に入力されている「月」の「13月」を「年」に繰り上げて「2019/1/1」にしてくれています。
DATE関数では、「月」に指定した数値が「12」を超えた場合は「年」に繰り上げてくれます。


セルE6に入力されているDATE関数をみてみます。
セルA6に入力されている「年」とセルB6に入力されている「月」とセルC6に入力されている「日」のそれぞれの数値が、DATE関数で日付にしてセルE6に出されました。
20181206031536135.jpg
セルC6に入力されている「日」は「32日」です。
セルE6に入力されているDATE関数では、セルC6に入力されている「日」の「32日」を「月」に繰り上げて「2019/2/1」にしてくれています。
DATE関数では、「日」に指定した数値が月の最終日を超えた場合は「月」に繰り上げてくれます。


DATE関数
=DATE(年,月,日)



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

DATE関数【1】


DATE関数は、指定した「年」「月」「日」のそれぞれの数値を日付に表示してくれる関数です。

DATE関数
=DATE(年,月,日)

関数名が「DATE」です。
「年」に年を指定します。
「月」に月を指定します。
「日」に日を指定します。


《DATE関数》
=DATE(年,月,日)

セルA2に入力されている「年」とセルB2に入力されている「月」とセルC2に入力されている「日」のそれぞれの数値を、DATE関数で日付にしてセルE2に出してみます。
20181206030125993.jpg

「関数の挿入」ボタンからDATE関数を入力してみます。
DATE関数を入力したいセルE2をクリックします。
20181206030138121.jpg

数式バーの左横にある「関数の挿入」ボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206030150833.jpg

関数の挿入ダイアログボックスが表示されました。
20181206030205459.jpg

「関数の分類」を変更します。
「関数の分類」の右横の▼をクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206030224040.jpg

DATE関数は「日付/時刻」の中にあるので、「日付/時刻」を選択します。
(「関数の分類」を選択する時、何かわからない場合は「すべて表示」を選択してください。)
20181206030237038.jpg

「関数の分類」を「日付/時刻」に選択しました。
20181206030251411.jpg

「関数名」の中から「DATE」を選択します。
(「関数の分類」を「日付/時刻」に選択すれば一番上に「DATE」があるので「DATE」が選択されています。)
OKボタンをクリックします。
赤い丸で囲んだ所です。
20181206030331419.jpg

関数の引数ダイアログボックスが表示されました。
20181206030557237.jpg

セルA2に入力されている「年」とセルB2に入力されている「月」とセルC2に入力されている「日」のそれぞれの数値を、DATE関数で日付にしてセルE2に出したいので、「年」の欄には「A2」を入力します。
20181206030615526.jpg
関数の引数ダイアログボックスの「年」の欄に「A2」と入力されました。


DATE関数【2】に続きます。



応援クリックお願いします♪

posted by めがねジャージ at 19:00| Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする